注文住宅の耐震のためにやるべき事

家づくりといえば一生に一度という人が多いはずです。

長くそこに住み続けるためにはそれなりの準備をすべきであることは皆さん知っている事です。

兵庫県では、前からそこに住んでいたからという場所の決め方はちょっと問題があるようです。

つまり震災で被害を受けた所に家を建てる事に少なからず戸惑いはあるでしょう。

多くは十分な耐震構造のある注文住宅で建てようとするでしょうが、この土地にはもう建てたくないとか、まだ土地が決まっていないという人はまず、地盤調査からするようです。

最近はどの地域もその土地の海抜が表示されていたり、ハザードマップなどにより災害時の対応もわかるようになっています。

人の口コミだけでここは安全だとか、有名ハウスメーカーが分譲しているから安心といった調査の仕方ではなくそういったことも参考に、兵庫県でも信頼のおける業者に地盤の状態、強度を調査してもらった方がいいようです。

建てる場所が安全であるかどうかからがまず注文住宅の出発点ということになります。

土地が決まると、基礎工事に入るのが普通ですが、兵庫県の注文住宅のメーカーは地盤調査の結果により補強が必要な場合には杭工事や表層改良といった工事をします。

これよって、強度をさらに高くしたり、地盤沈下の心配がないようにするのだそうです。

その後一般の基礎工事に入りますが、これも工務店によっては標準施工基準よりも大きな基礎巾を使用したり、ホールダウンアンカーといった地震などの揺れに対応するアンカーの使用もあります。

さらに震災では兵庫県内でも屋根の瓦が重かったり、落ちたりすることで家が崩壊、または怪我をする人が多かったことを踏まえ、断熱性や通気性を確保しつつ、軽い屋根を実現することで耐久性や衝撃性に対応しているそうです。

さらに、日本家屋の特徴はなんといっても木材であるということです。

注文住宅では、これに耐震構造を加えるための金物にも工夫をしています。

この金物とはしっかり固定することも大事ですが、地震の揺れに合わせて動くように形成され、揺れが収まると変形したものが元にもどるというようにしてあるそうですから、すごい技術といえます。