注文住宅の補助金制度

最近は日本の各地で未曾有の災害が起こったり、その危険性があることは毎日のニュース等で言われています。

こんな状況の時に注文住宅で家づくりをするとなると、住みやすさやデザインも大事ですが、安心・安全といったことがもっとも心配になってきます。

しかし、そうった建物のイメージは構造が丈夫であるとか柱をたくさん使用するかもとか、コストが高くつくだろうと思ってしまいます。

基礎や構造の関係する所に費用を使って間取りや設備が思うようにならなかったとしたら、残念な注文住宅になってしまうかもしれません。

兵庫県でもそんな相談が多いため、各種補助金制度を利用して家づくりに役立ててもらおうとしています。

この制度には兵庫県産の木材を使用しているとか、長期優良住宅の指定を受けているとか、いくつかの条件を満たすことで、1棟あたり100万円ほどの補助があったりします。

その他、内外装の木材使用や耐震構造、補強、省エネ対策を施している建物に国からの給付金もあったりしますから、こういったことをよく調べて少しでも低コストを目指した家づくりができるそうです。

車の損害保険に加入する際、免許証がゴールドだと保険料が安くなります。

それと似たようなことが注文住宅を建てる時にもあることを知っていますか。

住宅の火災保険や地震保険でも近頃はその家が何年前に建てられたとか耐震構造であるかといったことで料金が変わることがあります。

保険を更新する際に書類を出さなくてはいけない事もあります。

災害が続く日本において、今までのようなどこでもどんな建物でも保険料が一緒なのはおかしいという認識が当然となっていく証拠ともいえます。

ですから、兵庫県でも注文住宅など住まいの耐震化促進事業として様々なことをやっているわけです。

災害によって家を建て直す人の多い兵庫県ですから、少しでも県民の負担を減らしてなるだけ地震に強い家を建ててもらおうとする取組みは一見、お金のかなりかかる事の用に思えますが、この土地には住めないからといって他県へ転居する人口の流出を止めることにもなるので長い目で見ればそれは県の為になるということです。